VOA Learning Englishのウェブサイトとは

Blog
New York, USA - March 26, 2019: News media VOA News website homepage. VOA logo visible through a magnifying glass.

前回は、「VOA Learning English」のアプリについて説明しましたが、実はVOA Learning Englishはアプリだけでなくウェブサイトもあります。ウェブサイトは家にいるときやじっくりと英語勉強するときにおすすめです。

 今回は、そんな「VOA Learning English」のウェブサイトについてご紹介します。

「VOA Learning English」は4つのカテゴリーにわかれる

VOA Learning Englishの内容は下記の4つにわかれるので、一つずつみていきましょう。

 「Read, Listen & Learn」(読み・聞き・習う)

このカテゴリーはTOEICのスコアが500~600くらいの方向けです。アメリカ英語の発音を学び、英語に多く触れていきます。

 「Voice of America」で取り上げられたニュースを、ここではゆっくりめのスピードで聞き、簡単な英語表現に慣れていきます。また、スクリプトも見れるようになっているので、単語がわからなくても後でじっくりと勉強できます。

 ただ、ネイティブが話すスピードよりもゆっくりと発音されているので、発音を学ぶにはいいですが、リスニング力アップとはなりにくいです。イントネーションやリンキングなどに集中して聞くようにしてみましょう。

 「Beginning Level」(初心者レベル)

アメリカの日常をおもしろく描かれていて、英語の基本となる単語やフレーズを学ぶことができます。対象としては、英語初心者から中級者向けとなっています。また。Level1とLevel2に分かれているのも特徴です。

 「Let’s Learn English – Level 1」は、対象がTOEIC450点以下の方で、あまり英語に触れていない方向けです。基本的な会話を聞きながら、単語やフレーズを覚えていきます。1回5分ほどの動画なので、すぐに見られるのもポイントです。

 「Let’s Learn English – Level 2」は、TOEIC450点以上の方が対象となっていて、職場など日常のシーンを見ながら、単語やフレーズを覚えていきます。アメリカ人の20~30代の日常がテーマになっています。

 「Intermediate Level」(中級者レベル)

最新のニュースが中級者向けにアップされています。また、日常でよく使われる英語フレーズや映画でよく聞くフレーズなどをみることができます。

 ただし、読むスピードがゆっくりになっているので、中級者のリスニング力アップのためにはなりにくいです。使われている英語はやさしめなので、リーディング力を上げたり、英語をスラスラと読めるようになってきます。

 アプリを使うと、話すスピードを変えることができるので、どうしてもリスニング力もアップさせたい、というときはアプリの使用をおすすめします。

 「Advanced Level」(上級者レベル)

上級者向けに、Educationに関したニュースや著名人のインタビューコーナーがピックアップされています。ただ、こちらも読んでいるスピードは遅めなので、アプリで倍速にするなど工夫をしてみましょう。

 上級者レベルになると、下記のコーナーをチェックしてみましょう。

・「American Stories」(アメリカの物語)

アメリカ人作家の小説が読み上げられます。また、画面には英語もでてくるので、単語などがわからなかったら、すぐに調べることができます。

 ・「Words and Their Stories」(英語表現とその物語)

イディオムや英語表現を説明しています。スクリプトもありますが、基本的に音声で学んでいきます。

 ・「U.S. History」(アメリカの歴史)

こちらも音声のみで、アメリカの歴史を紹介するコーナーです。

 ・「What it Takes」(必要なこと)

アメリカの著名人のインタビューを紹介するコーナーです。基本的に音声だけで学びますが、スクリプトもあります。インタビューでは少し理解しにくい口語表現があるので、上級者にはぴったりです。

 まとめ

「VOA Learning English」はアプリだけでなく、このようにウェブサイトもあります。英語学習する場所や時間などによって、アプリとウェブサイトを使い分けるようにしてみましょう。

 

コメント

Copied title and URL